研究関連リンク

国際ネットワーク

  • 世界イネ科学パートナシップ (GRiSP) GRiSP-logo
    国際農業研究協議グループ(Consultative Group of International Agricultural Research; CGIAR)において研究分野別に仕分けられた16の研究プログラム(CGIAR Research Programs; CRPs)のうちのコメを対象とする研究プログラムです。国際稲研究所(IRRI)がリードセンターとなり、JIRCASをはじめとした6機関が戦略的パートナーとして活動しています。2011年から5年間の研究計画が承認されています。

  • 小麦イニシアティブ(WI)
    G20農業大臣会合の承認のもと設立された小麦に関する農業研究イニシアティブで、JIRCASはわが国の窓口機関として、事務局であるフランス国立農業研究所(INRA)ほか多機関と憲章を締結し、定期的に開催される機関調整委員会、研究委員会への出席などを通じて運営に参画しています。既存の小麦研究の枠組みを補完し、主にG20の政府機関による協力促進、意見・情報交換を活性化しようとするものです。

  • 熱帯農業プラットフォーム(TAP) tap_banner_en
    農業技術革新のための能力開発を目的とした国際イニシアティブで、2011年にフランスで開催されたG20関連会合で大枠が議論され、2012年にメキシ コで開催されたG20主席農業研究者会議で正式に発足しました。JIRCASは、当初から議論に参加しています。熱帯地域における農業(特に小農に焦点を あてた)生産と生産性を向上させるために、能力開発と知識共有の活動の連携を容易にするメカニズムを提供しようとしています。

  • 国際再生可能エネルギー機関 (IRENA) IRENA-logo
    国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は,再生可能エネルギー(バイオマス,地熱,水力,海洋,太陽,風力利用等)の普及及び持続可能な利用の促進 を目的として。2011年4月に正式に発足しました。主な活動は,再生可能エネルギー利用の分析・検証・体系化,政策上の助言の提供,加盟国の能力開発支援等です。

  • アセアン食料安全保障情報システム(AFSIS) AFSIS

  • アフリカ農業研究フォーラム(FARA) logo_fara

  • アジア太平洋農業研究機関連合(APAARI) APAARI-1
    1990年12月、国連食糧農業機関(FAO)アジア太平洋地域事務所の提唱により、アジア太平洋地域の農業研究機関のネットワーク強化のために発足しました。APAARIは、アジア太平洋地域の農業の発展が直面する問題や課題の解決、域内の技術交流及び農業協力での研究を活動理念としています。日本からは、国際農林水産業研究センターが参加しています。


研究情報ソース