TOP >アーカイブス(刊行物:国際農林水産業研究成果情報第1号)

国際農林水産業研究成果情報 第1号 【1993(平成5年度)】

タイにおけるトウガラシ及びウリ科野菜ウイルス病の実態解明と耕種的防除法の開発

〔 要約 〕タイのトウガラシとウリ科野菜に発生する重要ウイルス病の種類 (チリヴェイナルモットル、キュウリモザイク、パパイヤ輪紋、ズッキーニ黄斑モザイクウイルス)と性質を明らかにし、抵抗性品種のスクリーニングとともに、スキムミルク及びシルバーマルチ等を用いての耕種的防除法の開発を行った。
所属 国際農林水産業研究センター 生産利用部 連絡先 0289-38-6307
推進会
議 名
国際農業 専門 作物病害 対象 果菜類 分類 1

[ 背景・ねらい]

タイでは近年、野菜などの生鮮食料に対する需要が急激に増大しているが、一年を通じて発生するウイルス病のため、その安定的供給が大きく阻害され、現地では病害防除の目的で様々な農薬を過剰に使用する傾向がある。本研究ではトウガラシとウリ科野菜に焦点をしぼり、発生ウイルスの種類、分布、生態を明らかにするとともに農薬に頼らない防除の可能性を追求した。


[成果の概要・特徴]
  1. 1380個体のトウガラシ葉及び635個体のウリ科野菜葉試料を調査したところ、チリヴェイナルモットルウイル(CVMV)、キュウリモザイクウイルス(CMV)、パパイヤ輪紋ウイルス(PRSV)が高率に発生し、タイ全土に被害を及ぼしていることを明らかにした。
  2. CVMV,CMV,PRSV及びズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)を分離し諸性質を決定した。特に激しい病徴を呈すZYMVが分離・同定されたのは、タイではこれが最初である(写真)。
  3. 各分離ウイルスの粒子に対する抗血清を家兎で作製した。
  4. 32品種のトウガラシのうち VC 16a と Kheenoo Ubon が、また8種類47品種のウリ科野菜のうちPollekキュウリが重要ウイルス病に抵抗性を有すことを明らかにした。
  5. トウガラシウイルス病の耕種的防除試験を行った(殺虫剤散布は慣行農薬区のみ1週間おき、他は2週間おき)。スキムミルク散布区(2%,1週間おき10回散布)及びシルバーマルチ区(三層フィルム)でのウイルス病の発生は抑制され、収量も多かった(図1)。

[成果の活用面・留意点]
  1. 作製した抗血清は、タイ農業局に設置された血清銀行を通じて、タイ国内の希望者に分譲されている。
  2. 試験に用いた各種資材のほとんどは現地でも容易に入手できるので、安価で安全な防除法として一般農家への普及が期待される。

[具体的データ]
表 1 タイ各地のトウガラシに発生するウイルス病
ELISA での検出個体
    AMV CMV CVMV PeMV PMMV PVY TEV TMV ToMV TSWV
個体数1) 1,380 200 368 786 34 4 336 164 67 54 16
検出率(%)   14.5 26.7 57.0 10.0 1.9 24.4 11.9 4.9 3.9 7.7
注: AMV:アルファルファモザイクウイルス、 CMV:キュウリモザイクウイルス、 CVMV:チリヴェイナルモットルウイルス、PeMV:ペッパーモザイクウイルス、 PMMV:ペッパーマイルドモットルウイルス、 PVY:ジャガイモウイルスY、 TEV:タバコエッチウイルス、 TMV:タバコモザイクウイルス、 ToMV:トマトモザイクウイルス、 TSWV:トマト黄化えそウイルス
1):タイの 13 の県で採集
表 2 タイ各地のウリ科野菜に発生するウイルス病
ELISA での検出個体数及び検出率1)
植物名 個体数2) CMV PRSV ZYMV SqMV CGMMV
キュウリ 362 144(39.8) 124(34.3) 31(8.6) 24(6.6) 3(0.8)
カボチャ 102 6(6.0) 63(61.8) 1(0.9) 8(8.0) 1(0.9)
ヘチマ 97 11(11.3) 39(40.2) 11(11.3) 6(6.2) 5(5.2)
トウガ 51 2(3.9) 12(23.5) 1(2.0) 12(23.5) 1(2.0)
ニガウリ 23 0(0) 4(17.4) 2(8.7) 0(0) 1(4.3)
合計 635 163 242 46 50 11
注: CMV:キュウリモザイクウイルス、 PRSV:パパイヤ輪紋ウイルス、 ZYMV:ズッキニイエローモザイクウイルス、SqMV:スカッシュモザイクウイルス、 CGMMV:キュウリ緑斑モザイクウイルス
1): ( )=検出率, 2): タイの 1O の県で採集

写真1 分離した ZYMV に感染したカボチャ葉の病徴
図1 各種資材のトウガラシのウイルス病に及ぼす影響
注 農薬散布頻度:慣行区のみ毎週、その他は隔週。
1) 1区20個体。2反復の平均
2) 1区20個体、5回収穫。2反復の平均。


[その他]
研究課題: タイにおける野菜ウイルス病の生態と防除
予算区分: 経常
研究期間: 平成 5年 (平成 2年〜平成 5年)
研究担当者: 野田千代一、Kruapan Kittipakorn、Pan Inchan、Nualchan Deema、Laksna Wannapee
発表論文等:  
  1. Studies on pepper viruses and screening for resistance to certain pepper viruses. Proceedings of the 31st Kasetsart University Annual Conference (1992).
  2. Distribution of cucurbit viruses and reactions of some cucurbit species to certain viruses. 同上(1992).
前のページ

次のページ