TOP >アーカイブス(刊行物:国際農林水産業研究成果情報第10号)

国際農林水産業研究成果情報 第10号 【2002(平成14年度)】

タイ土着食用植物の抗変異原性と活性成分

〔 要約 〕タイ土着食用植物ミクロメラム・ミヌタム、モクコチョウ、ハマネナシカズラ、インドセンダン及びリステア・ペティオラータは強い抗変異原性を示す。ミクロメラム及びモクコチョウに含まれる抗変異原活性成分はそれぞれ,マハニン及びバイカレインである。両物質は他に抗菌活性、がん細胞増殖抑制効果等を示す。
所属 国際農林水産業研究センター・食料利用部 連絡先 029(838)6358
推進会
議 名
国際農林水産業 専門 加工利用 対象 他の葉茎菜類 分類 研究

[ 背景・ねらい]

変異原物質の働きを抑えることにより発がんのリスクを低減できるとの考えから,抗変異原物質を含む食品素材に大きな関心が寄せられている。タイでは数百種類以上の土着の山野草を含む多様な植物が食用・薬用等に利用されており,これまでの研究から,強い抗変異原物質を含むものが存在する可能性が高い。そこで,タイの土着食用植物の中から抗変異原性の強いものを見出して,成分を同定し,利活用の拡大を図ることをねらう。


[成果の概要・特徴]
  1. 108種のタイ土着食用植物の中で,ミクロメラム・ミヌタム(Micromelum minutum,ミカン科),モクコチョウ(Oroxylum indicum,ノウゼンカズラ科),ハマネナシカズラ(Cuscuta chinensis,ヒルガオ科),インドセンダン(Azadirachta indica,センダン科)及びリステア・ペティオラータ(Litsea petiolata,クスノキ科)の5種の食用植物のメタノール抽出物が特に強い抗変異原活性(エームス試験法)を示す(図1)。
  2. ミクロメラム・ミヌタム(新葉)に含まれる主要な抗変異原成分はカルバゾールアルカロイドの一種であるマハニンである(図2)。マハニンは,インド周辺諸国でカレー料理に用いられているスパイスの1つカレーリーフから見つかっている他は,あまり知られていない。
  3. マハニンは,抗変異原活性以外にも多様な生理機能性を示す(表1)。
  4. モクコチョウ(果実)にまれる主要な抗変異原成分はフラボンの一種であるバイカレインである(図3)。バカレインは他に抗菌活性,がん細胞増殖抑制活性を示す。

[成果の活用面・留意点]
  1. マハニン,バイカレインともに水に溶けにくい物質であるが,現地では茹でたり,あるいは摺りおろしたりするなど野菜自体を食べているため摂取可能である。
  2. 人体への吸収,代謝などを検討し,実際に生体で機能性が発現するか否かを確かめる必要がある。

[具体的データ]


[その他]
研究課題:
食用植物生理機能性評価及び成分解明
予算区分:
基盤
研究期間:
2002年度(2001〜2005年度)
研究担当者:
中原和彦,亀山眞由美,小野裕嗣,吉田充(食総研),
Molay Kumar Roy(筑波フェロー,バングラデシュ),
Najeeb S. Alzoreky(サナア大学,イエメン),
Vipaporn Na Thalang,Gassinee Trakoontivakorn(カセサート大学,タイ)
発表論文等:
Nakahara K.,Trakoontivakorn, G., Alzoreky, N.,Ono, H.,Onishi-Kameyama, M. and Yoshida, M. (2002): Antimutagenicity of some edible Thai plants, and a bioactive carbazole alkaloid, mahanine isolated from Micromelum minutum. J. Agric. Food Chem., 50(17), 4796-4802.

前のページ

次のページ