TOP > 広報 : プレスリリース : 第26回熱研市民公開講座

第26回熱研市民公開講座

発表日:平成24年6月5日

 「熱研市民公開講座」も26回目を迎え、多くの市民の皆様に支えられ今日に至っております。今回の公開講座は、下記のとおり開催しますので御案内申し上げます。

日時:平成24年6月11日(月) 19:00〜20:30

場所:石垣市健康福祉センター 2階 視聴覚室 (沖縄県石垣市登野城1357-1)

主催:国際農林水産業研究センター 熱帯・島嶼研究拠点(熱研)

テーマ: 低アミロース米品種「ミルキーサマー」の育成と沖縄県における普及計画

講演者:農研機構 作物研究所 稲研究領域 主任研究員 竹内善信
     沖縄県農業研究センター 石垣支所 作物園芸班 研究員 山城 信哉

講演内容:

 沖縄県では、水稲の奨励品種「ひとめぼれ」が作付面積の8割以上を占めています。その一方、粘りが強い米を好む消費者が多く、低アミロース米品種も求められてきました。「ミルキークイーン」に代表される低アミロース米は、ご飯の粘りが強く冷めても硬くなりにくく、さらに良食味であることから市場で高い評価を得ています。しかし、これまで沖縄の気候条件に適した低アミロース米品種は育成されていませんでした。そこで、(独)農研機構・作物研究所において育成された短日条件下で晩生化し、多収が期待される低アミロース米品種「ミルキーサマー」を県内で試作した結果、良好な成績が得られたため、沖縄県の奨励品種に採用されました。

 今回の講座では、低アミロース米品種の特性や「ミルキーサマー」の育成について、また、沖縄県における「ミルキーサマー」の普及計画について紹介します。

  • 低アミロース米品種とは
  • 「ミルキーサマー」の育成
  • 沖縄県における「ミルキーサマー」の普及計画

参加費:無料

ポスター

ポスター

問い合わせ先

国際農林水産業研究センター 熱帯・島嶼研究拠点
拠点コーディネーター&広報担当 勝田 義満
(TEL 0980-88-6201 FAX 0980-82-0614)